【コテージ泊】竜洋海洋公園オートキャンプ場で節分キャンプ

2019年2月2日(土)~2月3日(日)、竜洋海洋公園オートキャンプ場へ節分キャンプに行ってきました。今回、1泊&風が強いと怖いため(初心者です、すみません)、コテージに宿泊しました。

初めてのコテージ泊

午前中、子ども会の豆まき大会に参加して、お昼を家で簡単に済ませてから、竜洋海洋公園オートキャンプ場に向かいました。

道中、キャンプ場にほど近い「遠鉄ストア 竜洋店」で買い出し。

コテージのチェックインは、14時から。テントも立てなくて良いので、のんびりです。

チェックインを済ませ、コテージに向かいます。この日は、天気はとてもよかったのですが、風が強かったです。風が強くても、テントを設営されている方がたくさんいました。しっかり張り綱がされていて勉強になりました。


今日宿泊するのは、コテージ<Kタイプ>でした。コテージは3種類あって、こちらは、ロフト付きのコテージ。他に、掘りごたつと2段ベッドの<Rタイプ>、ロフト付き・対面キッチン・風呂トイレ別の<REタイプ>があるそうです。

急な階段を上って…
ロフトに子供は大喜び!

コテージは、布団、エアコン、冷蔵庫、炊飯器、食器類等何でもそろっています。ホームページに記載ありませんでしたが、食器洗い洗剤とスポンジも付属しています。もちろんキッチンはお湯も出ます。

お風呂はユニットバスで、石鹸・シャンプーやタオル類は付属していません。我が家は、石鹸・シャンプーを持ってこなかったのと、広いお風呂に入りたかったので、お風呂は使用しませんでした。

コテージ<Kタイプ>はユニットバス

チェックイン時に、人数分のシーツ類を借り受け、自分たちでベッドメイクをします。

枕カバー、布団用シーツ、掛布団用カバーがあり、それぞれカバーを掛けていきます。毛布もありますよ。

ロフトの中央に柱が2本あって、どう考えてもうまく布団が敷けなかったのですが、どれが正解なのでしょうか。我が家は、奥の布団2枚で私と子供2人、手前の1枚で夫が寝ました。ロフトにあった4組の布団のうち1組は使用しませんでした。

中央の柱をどうやって避ければ良いのか分からなかった我が家

最大8名就寝できるとのことで、リビングダイニングの押し入れにも4組布団があって、机を寄せて布団を敷いてください、と書いてありました。が、子供が喜ぶので、屋根裏感満載のロフトで寝ました。

ちなみにリビングダイニングだけでなく、ロフトにもエアコンがあるので、夏はエアコンを入れれば涼しいと思います!冬は、ロフトに暖気が集まって暖かかったです。逆にリビングダイニングは、暖気がロフトに行ってしまうし、フローリングなので、エアコン入れても寒かったです。下に敷けるラグのようなものを持っていくと良いかもしれません。それとエアコンを入れるとどうしても乾燥してしまうので、濡れタオルを干す等の加湿が必要かと思います。

new遊び道具・キックスクーター!

竜洋海洋公園オートキャンプ場といえば、3歳息子にとっては、「ストライダーに乗れるところ」、8歳娘にとっては、「Jボード(リップスティック)に乗れることろ」。私にとっては、「そんな子供たちに走って付いていくところ」というアラフォーにはちょっときついところであります。

そこで、わたし用と8歳娘用を兼ねてキックスクーターを購入!でも3歳息子も乗りたい!って絶対ケンカになるから、3歳からでも乗れる3輪タイプのキックスクーターも併せて購入。

わたし用に買ったはずが、もう8歳娘のものです。わかってたんですけどね。うん、今日も頑張って走ろう。

さっそく駆け出す3歳息子。ま、まって~。

娘用の2輪の方はお安いけれども、しっかりした作りで、大人も乗れましたよ。息子用の3輪の方は、走行は安定しているんだけれども、ハンドルを曲げてではなくて、傾けて方向を変えるタイプだったので、息子はまだわからなくて直進しかできませんでした。曲がるときに、一度降りて、よいしょと向きを変えるのが面倒になってしまったようで、早々に、ストライダーに乗り換えてました。

キックスクーターは、最近またブームなんですかね。我が家の近所でも、竜洋海洋公園オートキャンプ場でも、以前より格段によく見かけるようになった気がします。乗ってみると大人でも楽しいですよね。

いざ、鬼退治!

この日、楽しみにしていた節分イベント。お面作りと豆まきです。我が家はやりませんでしたが、恵方巻作りも有料・事前予約制で行っていたようです。

15時からまずお面作り。くじ引きをして、イヌ・サル・キジのどのお面を作るかを決めます。自分では選べません。8歳娘はサル、3歳息子はキジでした。

ハサミで切って、ホッチキスやテープでとめて、お面の完成!

16時からは、桃太郎と一緒に鬼退治に行きます。鬼退治に行く前に、桃太郎さんからきびだんごを1つずつもらいます。きびだんごを食べて100人力!物語仕立てに子供たちのテンションも上がります♪

ひとり1カップずつの節分豆が配られて、いよいよ鬼退治に出かけます。

鬼です。子供たち皆で、豆を投げて退治しました。3歳息子が必死で豆を投げていて可愛らしかったです。

その後は、軽トラックに桃太郎さんと鬼さん達が仲良く乗って、お菓子まきをしてくれました。

3歳息子が、8歳娘よりも大量にお菓子を拾っていました。上の子は比較的おっとりですが、下の子ってハングリーですよね。

ひと仕事終えた感(笑)

この後さらに、豆入れのカップの裏に書いてある番号で抽選会がありましたが、残念ながら当たらず。でも、桃太郎仕立ての豆まき、すごい楽しめました♪

しおさい竜洋へお風呂→晩ご飯は焼肉、新玉ねぎおいしいヨ

コテージのお風呂は、ユニットバスだったので、徒歩3分のしおさい竜洋にお風呂に入りに行きました。

天然温泉ではなく、人工的な温泉ではありますが、大人360円、小中学生150円とお値段もリーズナブルで、お風呂もとても温まります。湯温が40度位なのも、子供と一緒に入るのにちょうど良いです。

地場野菜等の売店も併設されているので、ここでお買い物するのもいいと思います。我が家は、立派な長ネギが3本で80円という破格の安さだったので、ついつい買ってしまいました。

夜ご飯は、持参のカセットコンロに大きめのフライパンを乗せて簡単焼肉にしました。遠鉄ストアで新玉ねぎを買って焼いたのですが、甘くておいしかったです。子供たちが奪い合うようにして食べてました。新玉ねぎやサラダオニオンという白い玉ねぎは、遠州地方の特産ですね。スライスしておかかと醤油で食べてもおいしいです。大人は、しおさい竜洋で買った長ねぎを焼いて食べました。あ、お肉も一応ありましたよ。ほとんど豚肉でしたけど。

ちなみにコテージはリビングダイニングにも換気扇が付いているので、自宅で焼肉やる時みたいに、匂いがこもったり、煙だらけにはなりませんでした。

本当は、焚火でマシュマロを焼くことが目的の一つだったのですが、この日は強風で断念。大の焼きマシュマロ好きの夫は残念がってました。

食事後は、みんなで欽ちゃんの仮装大賞を観てから寝ました。欽ちゃんの仮装大賞って私も子供の頃に毎年楽しみに見ていましたが、8歳娘も大好きで、家族でわいわい言いながら観ました。ていうか、テレビ観るって、キャンプじゃない?

翌日は良い天気!竜洋海洋公園で遊んで帰宅

翌日は、4月並みの暖かさということでとても良い天気でした。朝食を食べた後、キャンプ場のプレイロットで遊び、チェックアウト後は、竜洋海洋公園で遊んでから帰宅しました。

朝食は、夫が大好きな竜洋海洋公園オートキャンプ場の朝の定番、ピッツァなおさんのピザを購入して、みんなで食べました。焼きたての窯焼きピザがおいしいです。すぐ食べちゃって写真がないという・・・。

竜洋海洋公園オートキャンプ場のプレイロットは、砂場に滑り台が設置されているので、小さいお子様連れの方は、スコップ等のお砂場セットを持っていかれるといいと思います。我が家は、いつも忘れてしまいますが。

竜洋海洋公園は、アスレチックもあり、お弁当を持っていけば一日楽しめます。ローラーコースターが長くて、滑るとなんだかお尻がかゆかゆになるんですけど、一番面白いかも。天気が良いと景色も最高です。

竜洋海洋公園のローラー滑り台の乗り場から撮影
この長さ感、伝わりますかね

コテージ泊は、設営・撤収作業がない分、子供と一緒に遊ぶ時間がたくさんとれました。テント泊より約1万円ほど高くなってしまうので、予算と相談しながら、時々は取り入れて行きたいな、と思いました。

竜洋海洋公園オートキャンプ場では、3棟の新しいコテージを建設中でした。区画サイトがあったところだと思うのですが、基礎ができていました。竜洋海洋公園オートキャンプ場は、平地で、真夏はとても暑くて、小さい子供を連れてのテント泊は熱中症の危険もあると思うので、コテージが増えると真夏も安心して楽しめるようになりますね。竜洋海洋公園にはプールもありますし。がしかし、夏のコテージ予約、土曜はもう一杯ですね。

コテージ建設中

我が家は、GWも夏もまだ何もどこも予約取っていないので、調べて予約しなきゃなー。もう遅いかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です