肌触りと伸縮性で選ぶなら・・・シュラフは断然「モンベルバロウバッグ」/連結もできます!

我が家は、モンベルのテント、ムーンライト7型と共にキャンプを始め、今でも最も信頼・安心できるテントです。

キャンプの「家」を買ったブランドなので、我が家は揃ってモンベルが大好きです。

というわけで今回は、モンベルのシュラフのお話しです。

モンベルのシュラフに至るまで

キャンプにはシュラフが必要だ!

と、初めてのキャンプの時に、勢い込んでAmazonでランキング上位のシュラフを買いました。

とあるブランドの3シーズン用の封筒型化繊シュラフ。

連結可能で小さい子供との添い寝可能。自宅での洗濯可能。広げて掛け布団にもできる。

良いと思ったんですよね。購入する時は。でも、実際には全く使っていません。

なぜなら肌触りが良くないから。

肌触りが良くないならインナーを買えばいいんじゃないか、と思いインナーも買いましたが、生地が滑ってフィットしなくて寝心地が悪いのです。

伸縮性もないので、体にもインナーにも上手くフィットしないのですね。

でもって、シュラフで寝る、ということに慣れていない子供たち。

2人とも私とくっついて寝たがって、結局シュラフは使わずに、毛布と掛け布団を圧縮して持って行くという、シュラフ買った意味ないじゃん、という日々を送っておりました。

寒かった場合の掛布団の予備として、いつも車には2つは載せてましたが。

夫には、無理やり封筒型シュラフ+インナーで寝てもらっていたのですが、キャンプで寝る度に足を吊るので、申し訳なくなって、本気のシュラフを探し始めました。

伸縮性を求めるならやっぱりモンベル!

夫が足を吊る原因は、シュラフに伸縮性がないことが1番だろうと想定したわたくし。

「伸縮性の高いシュラフ」で検索すると、モンベルのバロウバッグが出てきました。

「スーパースパイラルストレッチシステム」なるものにより伸縮率135%となっています!

という訳で、冬キャンプ用(夫用)にまず1つ、「バロウバッグ #1」を買いました。

モンベルのバロウバッグは#0~#5まで種類があり、それぞれ対応温度が違います

以下、モンベル様より画像をお借りしました。

イメージ画像

このモデルの方のように、脚を開いても寝られますし、なんなら”あぐら”をかいて座ることも可能。

イメージ画像

寝返りも自由自在!

伸びてる写真が無くて申し訳ないんですけど、看板に偽りなしで本当に伸びます。

突っ張る感じが全くないです。

「アルパインバロウバッグ」というものもありますが、そちらの伸縮率は120%です。バロウバッグとは異なりますので注意して下さい。

バロウバッグは肌触りも抜群!

素材はナイロンなのですが(正確に言うと”40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ”)、肌触りがとても良いです!

サラサラ、もっちりしていて、冷たさを全く感じないです。

インナーなしでも超快適です。うーん、写真じゃ伝わらないか。

肌触りだけでなく、ふかふかしていてとっても暖かです。

収納もコンパクトにできる

バロウバッグは中綿入りシュラフなのでボリュームがあります。

適当に丸めて収納袋に入れてしまうとこんなもっさり感。

左側はコストコのキッズシュラフ。

しかし、収納袋にはコンプレッションベルトが付いているので、ぎゅーっとベルトを締めて行きますと、

こんなに小さくすることができるのです!

収納、ストレスフリーです。

2つ目購入!連結可能!

モンベルバロウバッグ#1の寝心地が良すぎて、夫と娘で取り合いになってしまいまして。まあ、夫が娘に譲るのですが。

それならばと、2つ目として、バロウバッグ#2を購入してみました。

購入の際に、以前から気になっていた「ジョイント可能」というのを試してみたくて、バロウバッグ#1とジッパーの位置が相対するように、「R/ZIP(右開き)」を購入。

この画像の右下に「ジョイント可能」の説明あり。

イメージ画像

オレンジが「L/ZIP(左開き)」の#1、黄色が「R/ZIP(右開き)」の#2。

シュラフの右ジップ、左ジップって、どの向きに対して右、左なのか分からなくなっちゃうんですけど(私だけ?)、

シュラフの中に寝ている状態で、右か左か、ということなんですね。ほうほう。

モンベルのバロウバッグはロングサイズ以外 R/ZIPかL/ZIPを選べます。

つなげてみましょう。

ジッパーの根元を合わせて、

ジッパーを引っ張ります。

スムーズです。

そして、連結完了!

めっちゃ普通にフィットしてますよ。

これは、子供と一緒に寝たら、ぬくぬくですねぇ。

まとめ

夏のキャンプでは、シュラフを使わないので、最初からバロウバッグの#1か#2あたりを買っておけば良かったです。

#1は、冬キャンプ用ですが、最低気温7℃のキャンプの時に、暖房なしで8歳娘が爆睡してましたので、春秋のキャンプにも使えますね。

#2は、春秋のキャンプ用。冬キャンプでも暖房ありもしくは、上に1枚掛ければ大丈夫だと思います。

キャンプの場所(標高)にもよりますから、一概に季節で説明できないですが。

コンフォート温度などは、モンベル公式オンラインショップでご確認ください。

モンベル公式オンラインショップ→https://webshop.montbell.jp/

写真撮ってたら娘がもぐりこんでしまいました。

娘はこの冬、自分で望んでシュラフ寝で数週間過ごしてましたね。

それだけバロウバッグが気持ち良いってことです。

バロウバッグの唯一のネックは、やっぱり「価格」ですね。

もちろん、価格に見合った商品であることは間違いないですが。

がんばって働いて、少しずつ家族分を揃えて行きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です